絵を描く時に大事なのは・・・

イサオ、
どうも!!!私の名前はイサオ、。肩書は「絵バンジェリスト」でR!

私は絵を見るのも描くのも好きなのでR!

特に絵を描く時に大事なのは楽しみながら描くこと!

絵を描く時に苦しみながら描いていると絵に表れてし
まうのでR。

なぜなら、絵を描いているときも見ているときも
集中して他のことを考えず没頭できるからなのでR。

YOUにはそんな没頭できるものがあるだろうか?

もしないのなら、絵はYOUの中に新たな世界の扉を
開いてくれるかもしれないのでR。

よく「自分は、絵が下手だ。」
「ボクは絵心が全くないから絵はちょっとなぁ。」

なんて言って絵に苦手意識を持っている人を
見かけるがそんな人にオレは言ってやりたい!

「間違っとる!!」って。

そりゃあ、確かに、素晴らしい絵を見て圧倒され

「あんな絵なんか自分には描けねぇ」
「絵を見てもわからんからセンスがナッシング」
「自分には絵の才能がない・・・」

なんて、思ったりするのは確かにわかる。

わかるが、しかし、そんなことで絵を描かない
自分には絵のセンスがないなんて思うのは
もったいなさすぎるのでR!

自分は世界的に有名な画家になって絵だけで
生活していくとかなら技法とかデッサンとか
ガチで学ぶ必要はあるかもだが、そうでなければ
もっと、気軽に絵を描いたり見てみるべきなのDA。

そもそも、絵を描いたり、見たりするのは美大生だけ
に許された特権、あるいは、専門的に学んだ人だけに
許されたことなのかと言うと、それは違うよねって話でR。

だって、小さい頃は紙とペンさえあればみんな絵を描き
殴っていたはずなのDA。

しかも、とんでもなくクリエイティブな絵をいくつも
描いていたはずなのDA。

大人になっていく過程で常識やら、世間体を気にするように
なっていって、余計な考えが発想力にフタをしてしまっていつしか

「自分には才能がない」
「絵には興味がない」

的な考えになってしまって絵から距離を置いているだけなのでR。

私は、絵の本当の素晴らしさはどれだけ見る側に思いを伝えられる
かだと思っているのでR。

どれだけ技術的に優れている絵でも何も伝わらない絵だってあるし、
逆に一見へったくそに見えても何か伝わってくるものがある絵もR。

子供の絵はまさに後者なのでR。

いくらへったくそに見えても、力強さを感じたり、ほっこりした気持ち
になれるなんてのはYOUも経験したことがあるはずなのでR。

それはなぜか・・・

描く側が絵に思いをのせているからでR。

子供が絵を描く時は技法や世間体なんか気にせず描きたいこと、
見せる側に喜んでほしいと思いをのせて楽しみながら絵を描いて
いるから、思いがのっかっているから見る側の心に響くのでR。

だからもっと、YOUには自由に楽しく絵を描いてほしいのでR。

そして、もっと自分の可能性を開放してほしいのDA!

そして、私はそんな自分の可能性を引き出すことのできる絵の魅力を
伝えていくという使命を勝手に感じてこのブログで伝えていくのでR!

ってことで、これからもヨロシクなのでR!