刃牙ライクなイラストを描いてみてに応えて描いたらこうなった

以前、イラストのタッチは、お客様の要望に寄せれるということを話したら、「刃牙風に描けるか?」と言うことだったのでちょっと描いてみたのでR。

色の塗り方とか、服のシワの感じとか、なるべく寄せた感じにしたつもりでR。

実は、「刃牙道」のファンだったりして毎週原作を読ませていただいているのでR。

結構、初期の頃から読んでいたりする。

格闘系の漫画が好きで、ガチな感じの格闘シーンがなんかハマってしまって、ここまで来た感じでR。

登場するキャラも個性的でマッチョが多いが個人的には烈海王が好きだった。

宮本武蔵に腹を切られて昇天してしまったが、その時のショックはマジヤバかった。

マジかYOォォォォォォオオ!!ウソだろォォォォォォ!!

って叫んだのでR。

推しキャラ死ぬのってかなり精神的にダメージを食らうものなのでR。

てっきり、何週間かたったあたりのエピソードで闇医者の所に担ぎ込まれて上手いこと手術して助かってまた復活とかなると思っていたのだが、バラされて烈海王の腕はいま愚地克巳に移植されているので、復活はないのか。

ピクルに足を噛みちぎられて晩年は結構不自由でありながら、ストイックなまでに己を鍛え上げたあのメンタルは自分自身見習わんといけないと学んだものでR。

刃牙以上にアツい漢なのでR。

好きな漫画を自分でまねて描くとさらにその漫画に感情移入しやすくなるので何か好きな漫画があったら勉強を兼ねて模写するのもアリでR。

プロが描いた絵を線の太さや、表情、構図、背景、効果線、等をよく見ながら模写すると一コマ一コマに込められた技術がたくさん隠れていることに気が付くのでR。

漫画はとても奥が深いことに気が付くのでR。

是非、一度やってみて欲しいのでR。